【NGT48山口真帆】「NHK新潟」のガチまとめ、5つの鋭い指摘を検証してみた

「NHK新潟」のガチまとめ、5つの鋭い指摘他

1,事件当時AKS取締役の松村氏に報告あったが、NGT48劇場支配人の今村氏に対応を丸投げ
2,ファン・関係者への謝罪を山口真帆にまかせきり(強要された告発あり)にして、幹部が説明責任を果たさなかった
3,第三者委員会の調査報告について当事者であるAKSが自ら会見で説明を行った
4,山口真帆さんの異論がある中でメンバーが関与した事実は認められなかったと結論づけた
5,AKS経営トップの吉成夏子社長が公の場に出てきていない

AKSの組織運営の実態
吉成夏子 代表取締役社長(パチンコメーカー京楽出身)が100%の株を保持(実質AKSのオーナー)
大村拓也 取締役(東京の映像製作会社出身) 経営・経営を担当 →30%減給処分
松村匠 取締役(フジテレビ出身) NGTやAKBといったグループの運営全般担当 →30%減給処分
寺田明弘 取締役(エイベックス出身)海外事業担当
秋田英好 取締役

組織の役割、責任の所在がはっきりしない
クリエイティブ担当で組織運営にタッチしていない「秋元康氏」より他社の経営者である松村取締役が叱責されている事態がガバナンスが機能していない
監督するのは上司・代表取締役
誰が意志決定して、誰が責任をとるのか不明瞭
経営トップである吉成夏子代表取締役社長及び、秋元康氏が全面に出てきてガバナンスの見直しに対応すべき

宣伝部長のコイチです。
チャンネル登録よろしくね。

It is Koichi of advertisement director.
Please subscribe to my Channel

twitter : https://twitter.com/koichisenden
instagr : https://www.instagram.com/koichi_manager/

サムネありがとう!!
TanteTatiによるPixabayからの画像

劇場カテゴリの最新記事